ベルブランでも効果がないクレーター状にニキビ跡を作らないこと!

クレーター状のニキビ跡を残さないために一番重要なことは、
ニキビができたとしても絶対につぶさないことです。

 

ニキビができてしまったら、まず心がけることは患部を
清潔に保つということ。

 

ニキビの原因菌であるアクネ菌は”油”が大好きです。
皮脂をエサとして増殖するのがアクネ菌です。

 

正しい洗顔をしてニキビの原因菌である皮脂の詰まりを
防ぐことを常に考えていなければなりません。

 

洗顔時に気をつけたいのが直接ゴシゴシと患部を
擦らないようにすることです。

 

外的刺激が加われば患部がさらに悪化する可能性がありますからね。

 

まずは、洗顔料を手の平にとってたっぷりと泡立てます。
次にその泡を使ってマッサージしていくということがポイントです。

 

小鼻などの細かい部分は指の先を使って丁寧にマッサージして下さい。
常に丁寧にマッサージすること心がけ、決して力を入れて
ゴシゴシこすってはいけません。

 

最後に泡が残らないように流水でしっかりと洗い流すことがポイントです。

 

泡を洗い終わったら柔らかい繊維のタオルで軽く顔を
押さえるようにして水分を取り除きます。

 

ニキビができているときは特に洗顔法には注意して下さい。

 

もし、ニキビをつぶしてしまったときですが、
まずは熱い湯で患部を洗い流すようにしてください。

 

熱いお湯で皮脂を取り除き、患部の血行を促進することを
心がけてください。

 

血行が促進されると、皮膚組織が膨張して盛り上がってくるようになります。
この盛り上がりがあれば、決して焦らずニキビ跡が収まるのを待ちます。

 

こちらのページでも紹介しているとおり、赤みを帯びたニキビ跡や
色素沈着のニキビ跡であればベルブランで治すことが可能です。

 

赤みや色素沈着は肌の表面である角質層で起きている現象。
ベルブランで肌の再生を図り、肌の新陳代謝がスムーズに進めば、
角質層の沈着した色素は次第に押し出され、新しい細胞に生まれ変わります。

 

ですが、

 

炎症を何度も繰り返し、皮膚の表面が完全に陥没してしまった
クレーター状のニキビ跡になってしまえば、ベルブランを塗っても
焼け石に水の状態となってしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ